マキタ18Vバッテリー

いつもお世話になっているマキタの18V、マキタ純正は4個ぐらい持っていますが、
残り8個ぐらいは偽物(互換品)となります、偽物は6Aとか書かれていますが、
内容は4A程度だと思います。
BL1840 18V4Aの商品、販売価格は12000円ぐらいか?今買うなら、
BL1860 18V6Aの方がお得で、アマゾンで、14280円です。

偽物は、6Aとか書かれていますが、ほとんど容量が4~5Aで、価格は
2個で、5000~7000円ぐらいです。
なぜ、4Aかと言うと、リチウムイオンバッテリーの18650の安物は、1.8~2.2A
程度の容量、高級品の?3A以上の商品は1本1000円以上するはず。
1本500円で、3Aなんてとても信用できません!

さらに、BMS(バッテリー・マネジメント・システム)を取り付けると、
フル充電で置きっぱなしって、危険なんで95%ぐらいしか、充電されない、
さらに出力も電圧が下がりすぎると、使えなくなってしまうので、完全には
使いきらない。
そんなわけで、バッテリー性能の80~90%が使えれば良い方なので、中を取って
85%だとして、偽物マキタの18Vバッテリーに、2.2A18650が10本入っているとすると、
18.5V(4.2V換算で21V)、4.4Aとなる。

以前アマゾンで買った6Aのバッテリーの中身はなんと1.8Aの18650が入っていた!
苦情を言ったら、もう1個バッテリーが送られて来たが・・・
多分それ以来、私のアマゾンのアカウントのレビューが書けなくなってしまった!
アマゾンのレビューはホントの事を書くと、バンされてしまうのであった!
レビューが書けないと、中華製品を買った時に、レビューを書いたら500円バックとか
同じ商品をもう一個とか、おまけの製品がもらえるなどの優待?が得られなって痛い!

さて、本物だろうが偽物だろうが、バッテリーは壊れるもので、
手元に壊れた18Vバッテリーが2個ありまして…7.2Vも10.6Vも壊れるてますけど、
18Vのバッテリーはねじ止めで簡単に分解できるので、修理可能なのであります。

壊れた18Vバッテリー

何が壊れているかは不明ですが、バッテリーセルが充電できなくなってしまったのか?
それとも、BMSが壊れたのか…ともかくばらしてみます。

左マキタ純正 バランス充電回路、右偽物 安物のBMS

当たり前のように、マキタ純正は、バランス充電回路でしたが、偽物はそんな物は付いてません!
バッテリーが壊れているなら、バッテリーの交換ですが、同じ特性のバッテリーを付けないと
色々と問題が出るので、バッテリーは10本まとめて交換となってしまいます。
バッテリーもAliexpressでいっぱい買っているので、交換しても良いけど、完成品を買った方
手間がかからないので、偽物の完成品を購入しています。
BMSの故障だった場合は、Aliexpressでマキタ用のBMSが販売されていますので、これも修理可能です
修理可能って言うか、マキタ用のケースもバッテリーもBMSも売っているので、
マキタの18Vバッテリーが自分で作れてしまうわけですが…

安物BMS

サーミスタの取り付けが表面になっていますので、裏面から取り付け直しになります。
このタイプは5個で送料込み$21(約2310円 1個当たり462円)

バランス充電用BMS

このタイプは2個で$17(約1870円 1個あたり935円)値段が倍か…

繋ぎ方

1~3セルで使えるらしい…電圧確認して低いところを充電するだけなので、
充電器の給電能力を超えなければ使えるのだろう…
安物のBMSが付いている品もバッテリーから線をだせば、BMSを交換してバランス型に変更できます。
手元に安物のBMSしかなかったので、現在まともなBMSを注文中なので、
アマゾンから、追加で18Vバッテリー2個セットを購入しました。

以前も購入した事がある、Endro製?

以前購入したEndro製のバッテリーがまだ壊れていないのと安いのでまたEndro製?を選択
使用頻度が判っていないので、あまり使っていない為壊れていいないのかもしれない
とりあえず、バッテリーを購入したら、日付を書き込むようにしている。
ちょっと中を開けてみると…

安物BMSです

アマゾンの商品紹介に、内部写真があって、安物BMSを使っているのが判るので、
嘘は無い・・・ただし6Aってのが信用できないけど…
中を開けると、はんだ付けがいまいち、なんかカラカラと音がすると思ったら!

はんだの粒が出てきた!

これショートする可能性あるだろう…、
はんだが解けるので火事ににはならなくても、BMSは壊れるよね…
2個で5099円なので仕方がないと思うしか無い。
ちなみに、分解にはT10のドライバが必要です

柄の長い物でないと、ねじに届かない

さらに、マキタ純正は分解防止の為?プラの蓋が1か所ついていました。
3パイぐらいのドリルで、ねじの上にかぶさった、プラを破壊しないと
分解できないようになっています。

長々と書いてきましたが、マキタ18Vバッテリーの話でした。
バッテリーもそうだが、電動工具自体も、偽物でもBLモーター搭載は当たり前
どんどん新しい物を出さないと、偽物に駆逐されてしまいます。
しかし、丸鋸やグラインダードリルで、刃が割れたり、折れたりして、
体に刺さったら怖いので、前回の剪定ばさみは別として、本体はマキタを買いたい!
いま一番欲しいのは、丸鋸盤 2730かな…、後付けの台だとどうしても精度と
ネジが外れたときの事故を考えると、本物が欲しいですね

追伸 2021/06/15 追加
偽物バッテリーと本物の大きな違いは、バッテリーのセルの問題だと思います。
瞬間に出力できる最大電圧が違うと、インパクトや丸鋸のパワーに影響します。
バッテリーは休ませながら使うと、既定の電力を取り出せますが、連続して使うような、
芝刈り機などですと、良いバッテリーを使っていないと、すぐに電圧が下がってしまい、
休ませるとまた使える…なんて事になってしまいます。
それから、発火もBMSがまともなら、流れる電流を制限しているので、
そんな事が起こりえませんが、なにせ中国製!電動バイクが爆発するような国なので、
バッテリーが信頼できません。
充電中にもしもの事が在ってもわかるように、目の届き、可燃物の無い環境で充電した方が良いですね。
また、偽物充電器もあるんですが、これまた偽物は空冷用のファンが付いていなと言う手の抜製品です。
値段を下げるには仕方ないかな…




2021年5月16日 | カテゴリー : DIY, 電子工作 | 投稿者 : medemy