プランター台

自分の物?ばかり作っている!と、ママがいうので、リクエストに応えてプランター台を作った

完成したプランター台

写真を見せられて、こんなのが欲しいということで似た物を作った。
本家はかなりしょぼく大きな鉢植えが乗せられる様なものではないのだが、
何を乗せるのかを聞いて、この大きさになった…
また、ヘビーデューティーな品になってしまった!足の補強はいらないだろう!とは思うが
片側にだけ重い物だけを乗せられた場合を考えて補強してある。
いやぁ石なんか乗せるとは聞いていなかったよ!頑丈に作っておいて良かった!

使用材料は赤松材で、塗装は1回、見えない側のヤスリ掛けは、適当に…

材料さえ切り出せば、あとは簡単

ほとんどスパイラル付き丸頭の真鍮釘で仕上げてあるが、やわらかい木なので、
緩んでくるのではないかと気がかりである。

半日作業で完成

ペイントまで含めて1日作業、ペイントが乾くまで1日待って、完成した!
左翼と右翼では、ちょっと違いがあって、左側の支柱には、止めの板を入れていない。
背の高い植木を入れるときに邪魔になるそうだ!

赤松材は、精度がSPF材に比べて高いので、作るのがとっても楽だ!
はめ込んでいくと、自然に直角が出るので、組み立ても簡単!

2021年6月5日 | カテゴリー : DIY | 投稿者 : medemy

仏間の有効活用

和室に仏間…いつかは仏壇を置くかもしれませんが、今は荷物置き場。
高さがあるのに、仕切りがないので、物が置けない。
そんなに、長物もないので、棚を作って荷物を整理しようと、作成しました。

切ってしまえば、あとは簡単

朝、6時に木材を日向に出して乾燥させてから、8時から切り出し11時には切り出し完了!
赤松材なので、SPF材に比べて精度が高いので、作業が楽です。
また、木材が湿気を含んでると、切り口にバリが出るので、湿気を飛ばしてからの作業です。

赤松材なら、こんなにピッタリに組み上がる

2x4の6ft約1820mmのSPF材が1本398円で、赤松材は45mm角、1985mmで468円ともに税込みだった。
SPF材の方がお値打ちだが、反りや曲がりは、赤松材の方が圧倒的に少なく、設計図通りに組み上がる。
SPF材の場合、骨組みを作った後は、骨組みに合わせて切り出さないとならないので、作るのに時間がかかる。

少しは片付いたはず?

軽くオービタルサンダーで磨いて、室内なのでカビと虫よけの塗装は1回塗り。
朝から初めて、午後3時には塗装開始、夜にはもう使うことができるようになった!
材料費は、木材10本4000円・木ネジと丸頭釘500円・塗装800円で5300円ぐらいかも?
足に使った木材は、45mm角だが、30x40mmを使えばよかったと思った。
ヘビーデューティーすぎて、100Kg乗っても大丈夫な感じに完成した。

2021年6月4日 | カテゴリー : DIY | 投稿者 : medemy

マキタ18Vバッテリー

いつもお世話になっているマキタの18V、マキタ純正は4個ぐらい持っていますが、
残り8個ぐらいは偽物(互換品)となります、偽物は6Aとか書かれていますが、
内容は4A程度だと思います。
BL1840 18V4Aの商品、販売価格は12000円ぐらいか?今買うなら、
BL1860 18V6Aの方がお得で、アマゾンで、14280円です。

偽物は、6Aとか書かれていますが、ほとんど容量が4~5Aで、価格は
2個で、5000~7000円ぐらいです。
なぜ、4Aかと言うと、リチウムイオンバッテリーの18650の安物は、1.8~2.2A
程度の容量、高級品の?3A以上の商品は1本1000円以上するはず。
1本500円で、3Aなんてとても信用できません!

さらに、BMS(バッテリー・マネジメント・システム)を取り付けると、
フル充電で置きっぱなしって、危険なんで95%ぐらいしか、充電されない、
さらに出力も電圧が下がりすぎると、使えなくなってしまうので、完全には
使いきらない。
そんなわけで、バッテリー性能の80~90%が使えれば良い方なので、中を取って
85%だとして、偽物マキタの18Vバッテリーに、2.2A18650が10本入っているとすると、
18.5V(4.2V換算で21V)、4.4Aとなる。

以前アマゾンで買った6Aのバッテリーの中身はなんと1.8Aの18650が入っていた!
苦情を言ったら、もう1個バッテリーが送られて来たが・・・
多分それ以来、私のアマゾンのアカウントのレビューが書けなくなってしまった!
アマゾンのレビューはホントの事を書くと、バンされてしまうのであった!
レビューが書けないと、中華製品を買った時に、レビューを書いたら500円バックとか
同じ商品をもう一個とか、おまけの製品がもらえるなどの優待?が得られなって痛い!

さて、本物だろうが偽物だろうが、バッテリーは壊れるもので、
手元に壊れた18Vバッテリーが2個ありまして…7.2Vも10.6Vも壊れるてますけど、
18Vのバッテリーはねじ止めで簡単に分解できるので、修理可能なのであります。

壊れた18Vバッテリー

何が壊れているかは不明ですが、バッテリーセルが充電できなくなってしまったのか?
それとも、BMSが壊れたのか…ともかくばらしてみます。

左マキタ純正 バランス充電回路、右偽物 安物のBMS

当たり前のように、マキタ純正は、バランス充電回路でしたが、偽物はそんな物は付いてません!
バッテリーが壊れているなら、バッテリーの交換ですが、同じ特性のバッテリーを付けないと
色々と問題が出るので、バッテリーは10本まとめて交換となってしまいます。
バッテリーもAliexpressでいっぱい買っているので、交換しても良いけど、完成品を買った方
手間がかからないので、偽物の完成品を購入しています。
BMSの故障だった場合は、Aliexpressでマキタ用のBMSが販売されていますので、これも修理可能です
修理可能って言うか、マキタ用のケースもバッテリーもBMSも売っているので、
マキタの18Vバッテリーが自分で作れてしまうわけですが…

安物BMS

サーミスタの取り付けが表面になっていますので、裏面から取り付け直しになります。
このタイプは5個で送料込み$21(約2310円 1個当たり462円)

バランス充電用BMS

このタイプは2個で$17(約1870円 1個あたり935円)値段が倍か…

繋ぎ方

1~3セルで使えるらしい…電圧確認して低いところを充電するだけなので、
充電器の給電能力を超えなければ使えるのだろう…
安物のBMSが付いている品もバッテリーから線をだせば、BMSを交換してバランス型に変更できます。
手元に安物のBMSしかなかったので、現在まともなBMSを注文中なので、
アマゾンから、追加で18Vバッテリー2個セットを購入しました。

以前も購入した事がある、Endro製?

以前購入したEndro製のバッテリーがまだ壊れていないのと安いのでまたEndro製?を選択
使用頻度が判っていないので、あまり使っていない為壊れていいないのかもしれない
とりあえず、バッテリーを購入したら、日付を書き込むようにしている。
ちょっと中を開けてみると…

安物BMSです

アマゾンの商品紹介に、内部写真があって、安物BMSを使っているのが判るので、
嘘は無い・・・ただし6Aってのが信用できないけど…
中を開けると、はんだ付けがいまいち、なんかカラカラと音がすると思ったら!

はんだの粒が出てきた!

これショートする可能性あるだろう…、
はんだが解けるので火事ににはならなくても、BMSは壊れるよね…
2個で5099円なので仕方がないと思うしか無い。
ちなみに、分解にはT10のドライバが必要です

柄の長い物でないと、ねじに届かない

さらに、マキタ純正は分解防止の為?プラの蓋が1か所ついていました。
3パイぐらいのドリルで、ねじの上にかぶさった、プラを破壊しないと
分解できないようになっています。

長々と書いてきましたが、マキタ18Vバッテリーの話でした。
バッテリーもそうだが、電動工具自体も、偽物でもBLモーター搭載は当たり前
どんどん新しい物を出さないと、偽物に駆逐されてしまいます。
しかし、丸鋸やグラインダードリルで、刃が割れたり、折れたりして、
体に刺さったら怖いので、前回の剪定ばさみは別として、本体はマキタを買いたい!
いま一番欲しいのは、丸鋸盤 2730かな…、後付けの台だとどうしても精度と
ネジが外れたときの事故を考えると、本物が欲しいですね

追伸 2021/06/15 追加
偽物バッテリーと本物の大きな違いは、バッテリーのセルの問題だと思います。
瞬間に出力できる最大電圧が違うと、インパクトや丸鋸のパワーに影響します。
バッテリーは休ませながら使うと、既定の電力を取り出せますが、連続して使うような、
芝刈り機などですと、良いバッテリーを使っていないと、すぐに電圧が下がってしまい、
休ませるとまた使える…なんて事になってしまいます。
それから、発火もBMSがまともなら、流れる電流を制限しているので、
そんな事が起こりえませんが、なにせ中国製!電動バイクが爆発するような国なので、
バッテリーが信頼できません。
充電中にもしもの事が在ってもわかるように、目の届き、可燃物の無い環境で充電した方が良いですね。
また、偽物充電器もあるんですが、これまた偽物は空冷用のファンが付いていなと言う手の抜製品です。
値段を下げるには仕方ないかな…




2021年5月16日 | カテゴリー : DIY, 電子工作 | 投稿者 : medemy

充電式剪定ばさみ

マキタの剪定ばさみが欲しかったんです!しかし高いプロ用だろ!

マキタ UP362DZ 

アマゾンで、134,628円!この値段つらい買えないよ
マキタ 充電式レシプロソー JR184DZを使って、無理無理切っていたが、レシプロソーは、根本が固定できないと切れないので、マキタ 充電式チェンソー MUC254DZを使って、庭の木を切っていたが、やっぱり選定ばさみが欲しい!

探してみると売っていました!

やすい! 充電式剪定ばさみ Elikliv

替え刃も手に入るようだし、プライムで10380円、時間がかかってよければ、8380円!
どうせ偽物?の充電器とバッテリーも使っているのだから、ついに本体も偽物?か!

実際使えます、この値段ならOKです、一度で壊れるような商品ではありませんでした。
せん定を頼むと、半日で10000円ぐらいかかるのが、自分でできるようになる!
ただしせん定した後の、ごみは自分で処分しなければなりません。

ごみも大変だよね、最近じゃ焚火もうるさくなってきたし…ゴミ袋もここらは市指定の
袋を使わなければならないし!
微妙な焚火(たき火や少量の紙くずの焼却など日常生活を営む上で通常行われる軽微な焼却)に
入ってくれると嬉しいが…畑もやっているが農業じゃないもんなぁ
焼いた灰は、畑に混ぜていますが、もっと田舎なら焚火もお咎めなしなのだろうが、ちょっと近所の目が辛いです。

まぁともかく、せん定はさみは手に入って、うれしい!
芝刈り機でなかなか取れない、笹や根っこもスッパスパと切断できてうれしい!

2021年5月12日 | カテゴリー : DIY | 投稿者 : medemy

ポンプ台の作成

もともと、縁台にポンプも設置しようと思ったのだが、
見た目が悪くなるのとホースとか付けてしまうと、動かし辛いので別に作った。

電動ポンプ

うずら小屋のソーラーパネルは12V100W 4枚を使い24Vシステムで
インバーターを使い100Vを作り出し、電気代の節約を考えていた。
ソーラーは天気の悪い日や夜間は、バッテリの容量を使い切ってしまったら、終わりである。

いつでも使えるようにするには、ソーラーで発電した電力を売電して、商業電源を
使えるようにすればよいのだが、なんちゃってソーラーの場合は、自己完結しなければならない
ソーラー → コントローラー → バッテリー その出力を インバーターに入れて100Vを作る
バッテリーの能力を使い切ったら、ATS(オートマチック トランスファー スイッチ)で
商業電源に切り替えるという方式。

ATSは自分で作ってもよいが、Aliexpressで購入した。
まぁ良くできていて、バッテリーの電圧を監視してソーラーか商業電源を切り替えているようだ。
ATSの電源を入れていない時は、商業電源が出力さるので、問題なく使える。
バッテリーと商業電源の切り替え速度が速く、瞬断を抑えられるらしい…
使ってみての問題は、インバーターが発熱して、電力を使っていなくても、インバーターのファンが
間欠で回るので、なんか気持ち的に嫌だ!

さて、話を戻してポンプ台だが、最近作ったものの中では、完成度(精度)が高い!
天板は赤松材を使用して、ホワイトウッドとの劣化の違いを見る予定である。

ポンプ台内部


ポンプ本体は、FL-41という商品、AliexpressでEMSの送料を含めて$64.84(110円換算で、7133円程度)
アマゾンでは、18300円の5%引きクーポンがついて、17385円
すぐに使いたいのと、どうせ壊れるだろう!と考え、アマゾンで頼んだ上、Aliexpressでも注文した。
アマゾンは翌日、Aliexpressは10日ほどで届いた。
そこそこメジャーな商品らしく、交換部品もAliexpressで販売されてるようだ。
下記の写真では、フィルタが付いていないが、フィルタは付属していた

1分間17Lのポンプ

110V60Hzで165W 1分間17Lなので、この地域の商業電源だと100V50Hzなので、最大能力は発揮できないが…
ソーラーパワー側だと、インバーターの出力が110V(程度)60Hzなのでフルパワーで動作する。
100Lのタンクに組み上げてみたが、能力通りの性能が出た!
モーターの発熱は、10分使い続けた状態で、ずーと握っていると、熱くて握れないと感る程度。
使った感じは、水道より少し水量が弱い、庭の水まきには問題なく使えている。

ポンプ台に取り付ける前は、出力側の水圧が高くなると、ポンプが自動停止するので、
シャワーヘッドの口の種類(ストレート・シャワーなどの切り替え)で水量が変わり、
モーターが間欠で動くので、ホース内の水圧が変わり、ホースが揺れてフィッティングの部分から
水が漏れていたが、台に取り付けて、ホースを固定したら、ホースの振動が本体に
伝わりにくくなったために、水漏れが減った。

水は、農業用水からとれるようになり、電源はソーラーなので、機器の運用費しかかからなくなった。
毎日200~250L(家の風呂の容量が150L)程度水まきをしていたので、水道代(下水道代も取られる)が
馬鹿なならなかったが、これで解消できると思う。
雨の降った日を引いて、月22日程度毎日200Lで、一か月で4400Lの節約になるかも?
基本料金も高いのでなんとも言えないが、びっくりするような水道代は請求されなくなるだろう!

2021年5月9日 | カテゴリー : DIY | 投稿者 : medemy

縁台?椅子の作成

椅子か?

うずらにエサをあげるのに、エサを置いたり、ちょっとゆっくりうずらを鑑賞するのに、
余った木材で椅子を作った…
余った木材なので、割れ・反りがMAXである
雨ざらしにして、塗装した2バイ材のホワイトウッドの痛みぐわいも確認したい。
高さを600mmにしたかったが、そんなあまり材はないので、450mm+1インチである
天板の1x4がぴったっとしてなくて、合わせ目に隙間があり、イマイチ感が半端ない
細かく見ると1mm弱の隙間がある場所がある
削ってぴったり合わせると、今度は横幅が足りなくなってしまうので、そのままにした!
完成時の強度は200kgぐらい乗れそうな気がするが、雨ざらしになるとどうなるのだろうか?

2021年5月4日 | カテゴリー : DIY | 投稿者 : medemy

うずら小屋 作成③

雨が降りそうなので、すみやかに屋根を取り付けなければならず、設置場所へ移動
設置場所の水平をとるのに半日、数人で・・・と思ったが、近所の大工さんへ頼んで
ユニック車を手配して設置
人力で運ぶと、途中段差があるので若い人4人ほど欲しかったが、田舎には若い人が少ない

結構大事になってしまった!

ともかく、屋根の設置…屋根と言っても、防水シートを敷いてソーラーパネルを直接設置
これで、内部の合板が雨に濡れずにすんだが…
防水シートで雨漏りは無いがシートに雨水が貯まってしまう!
雨が止んだ天気の良い日に、防水ようのシーラントをソーラーパネルの結合部分と、
木と触れる場所にコーキング!
脚立が入らない場所があるので、施工はソーラーパネルに乗ってと言うか、
張り付いて施工した…態勢が悪いところでは、シーラントの厚塗りになってしまったが、
防水は効いているようだ!

ソーラーパネル設置

外枠が雨に濡れた?水平な場所に設置した?ユニック車で吊り上げた?
ともかく、扉4枚のサイズが合わなくなってしまったので、作り直し!
一番悪い箇所で1cmもの誤差が…
木ネジで止めてあるので、ばらしてサイズ調整、精度を上げて作り直した。
半日作業だよ!ほんと、設置してすぐに扉が取り付けられるように事前に
作ったのが裏目にでました!

完成!

明かり取り用の窓の加工が時間がかかった!木が反るし、野地板のが反っているので
窓を野地板の上から付けると、木ネジの締め込みでガラスが割れそう…
強化ガラス頑張ってくれ!ガラスは300 x 200 mm を6枚使っています。
網にすると雨が吹き込むし、山からの風が強いので、開けっぱなしでは冬寒そうなので
FIXのガラス窓にしました。
東側にも付けたいが、東側は防風林があるので、換気口だけです。

引っ越ししたうずら達

ここで、悲しい事故?が発生。
引っ越し中に、うずら6匹が逃走!
4匹戻ってきたが…2匹しか捕獲できなかった!
追いかけたら50m以上飛んでしまって、あるていどなついている2匹は捕まえた。
21匹いたうずらが17匹に減ってしまいました!
それでも21匹は、この小屋では多すぎるので、まぁ4匹減ってしまい17匹となったが
しかたないと諦めました。

床材は、バーク入り腐葉土(バーク入りしか売っていなかった)3袋で30Kg、ぬか500g、
もみがら500g、チモシー(ハムスターで使っていた残り)500gを混ぜて防水シートの上で
かき混ぜてみた。
ケースに入れていた時は、もみ殻500gぐらいを使っていたが、1週間でアンモニア臭が
凄いことになっていたが、14日たったが、今のところ土の匂いしかしない。
1か月ぐらい経たないと判断はできないだろうが、うまくいって欲しい

2021年4月29日 | カテゴリー : DIY, うずら | 投稿者 : medemy

うずら小屋 作成②

枠に使った、2バイ4材が反ったり、曲がったり、ねじれたりとしてるため、
計ってからでないと、作業ができず、作業時間がどんどん長くなっていく

3~6日目、屋根の枠と金網と換気口と前の扉の作成

いままで、屋根とか壁など作ったことが無いので、かなり悩んだ
壁は、濡れるところに合板は使えないので、野地板を使うことに…
なんたって、安い、12×180×1820㎜ 5枚で1080円、高さ2000が欲しかったのに売ってなかった…
最初は水性塗料を使っていたが、油性塗料に切り替えた、油性の方が木材にしみ込んで、
水の侵入を防いでくれそうだ…

7日目、裏壁の取付

白い板は、意匠だけの為だな、見えないのだから関係ないが、板を買ってしまったので使っている
この板は1本400円ぐらいして、16本ほど買ってしまったので、結構痛い
野地板の塗装仕上げより、ストライブが入ることで、安っぽさの解消になる

2021年4月23日 | カテゴリー : DIY, うずら | 投稿者 : medemy

うずら小屋 作成①

そろそろ、本格的な「うずら小屋」を作らないと、NC BOX 75で21匹は狭すぎて可哀そうです。
作成条件は、以下のようになりました。
①物置の横にぴったり設置できる
②屋根に手持ちの太陽光パネル4枚が乗ること
③下段にエサなどのうずら関係の小物が収容できること
④7年ぐらいは持つこと

どんな木材が売っているか確かめに、コメリ・カインズなどを回ってみました。
近隣にはコメリとカインズしか無いもので・・・しかも往復1時間以上かかる…
行ってびっくり、木材の種類が少ない・・・赤松材で作りたかったのでが、
種類が少ないので、2バイ材で骨組みを作り、細かいところを赤松材にしました。
野外で使うので、今思えば探してでも全て赤松材にすべきだったと思います。

JW-CADで立面図を作って、2×4 6ftを30本買いにLet’s go な訳でありまして。
コメリでは1人1日30本制限があったりします…
展示してあるのは、100本程度で、みなさん良い物から売れていきますので、
売り場に残っているのは、質が悪い物が多い…
ちなみに1本税込み398円でした。
反ってる・曲がってる・ねじれてる・節がやたらおおい・削れてる・ヤニが出ている…
ひどいものでは割れている…けっこうあるんだよ!
割れているのと、ねじれているのは遠慮したかったのだが仕方がない、
ある程度我慢しないと数が揃わないので…

1日目、枠があっさり完成

CADで、サイズを出してあったので、とっても簡単、1日でここまで仕上がりました
このままなら、1週間で完成かと…
しか~し、左側の木材が反っていて、真ん中の木材がねじれている!
なかったんだから、しかたがない真ん中の木材、上からしたで2㎝も曲がっている
ほかの木材も5mm程度の反りは誤差の範囲…

2日目、枠の塗装と前の扉

2日目、ここら辺から怪しくなる・・・
枠が、反ったり、ねじれた木材を使っているので、枠の大きさが左右で違い
いちいち計ってから、作るので時間がかかりだす

2021年4月16日 | カテゴリー : DIY, うずら | 投稿者 : medemy

うずらの飼育

インキュベーターからNC BOX45への引っ越しをすませ、さらに大きいNC BOX 75へ引っ越しを完了した。
なぜ、最初から大型のNC BOX 75へ引っ越さなかったのか?と言うと、大型のNC BOX 75では、ひよこ電球60Wでは、温度27度が保てなかったからで、ひよこ電球を40Wx2を取り付けると言う選択もあったが、うずらも21匹となると、できるかぎりうずらの為にスペースを確保したいということで、ひよこ電球は、60W1個にした。

NC BOX 75 サイズ D72 x W43 x H33 cm

NC BOXはいろいろと買っているので、衣装ケースより、強度があり加工が楽だ。
上部1/4に穴を開けて、網をはり板で蝶番式ドアを装着、側面に丸穴を開けて、16cm12Vのファンを装着、上部にひよこ電球ケースを吊り下げる加工をした。電球をケースの下に転がしたり、立てかけるのは、60Wだとかなり厚いので火災の危険と場所を取ってしまうので、吊り下げ式とした。

ひよこ電球は、ミニマルランド製を選択、60Wのセットと追加で40Wの電球を購入

ミニマルランド 保温電球カバー付 60Wと、交換用の40Wの電球を購入、やけど防止のため、一回り大きい60Wのセットを購入し、季節に合わせて40Wに交換する予定

ワイヤレス温度計(端末3個)とサーモスタット

リビングから温度を確認できるように、ワイヤレス温度計を購入。写真で本体にケーブルが付いているのは電池ではなくUSBから給電できるらしいが、ケーブルは付属していなかった。
サーモスタットは、Amazonの評価が悪いけど、使い方が分からない方の不満であって、使い方が分かる人には、全く問題が無い。センサーが外せるし、交換可能(DS18B20)設定温度と現在温度が表示できるので、購入

どっちも作れるだろう!と思うのだが、忙しいし・・見た目の格好の良さと、温度湿度センサーは結構高いのでで、買ってしまった。

もみ殻 75Lx2 長野県産らしい

中敷き用にもみ側を購入、買わなければいけないのか・・・稲作をしている農家さんと友達になれば、ただでもらえるのだろうが、注文して3日ぐらいで送ってくるので、送料込みで75Lx2でAmazonで4000円。
届いた商品にパンフレットが入っており、直接買うともっと安いらしい、支払いはAmazon Payが使えるので、問題はないが、商品に問題があって返品する場合にAmazonを通さないと面倒なことになりそう。例えば、運送中雨で商品が湿ってしまった・・・とか、Amazonは返品が簡単なので、どちらから買うかは次回以降考えてみる

販売元は、 信濃屋 おが粉も売っているし、米ぬかは・・・無人精米所を回れば手に入るが、その手間を考えれば買った方が楽かも・・・一度に1Kgもあれば十分なので、当分無人精米所から、いただくことになるだろう

中敷きは、最初はキッチンペーパーを重ねて敷いていたが、糞でべちょべちょになって、糞食が気になるのと、湿っているので、健康に悪そうなので、ハムスター用のパルプやおが粉を使っていたが、廃棄するときに処分に困る。
その点、もみ殻は、畑にそのまままけるのでとっても楽だ、現状週に2回交換しているが、畑の土にはもみ殻も鶏糞も必要なので一石二鳥であった!

家庭菜園レベルの畑、これでもサラダやハーブでとても便利

長年庭であった、土を耕すのはとても大変で、土は固いし、石はいっぱい入っているし・・・6平米を最初に耕すにも、マキタの「充電式耕うん機 MUK360DWBX」で4回も攪拌させなければならず、攪拌 石とりの繰り返し、最後の攪拌で土や肥料を追加して畑として仕上がる、畑の作り方としては、肥料を入れてから1か月ぐらい寝かせなければならないらしいが・・・出来たらすぐに使ってしまっている。

うずらの飼育環境

現在ウズラの状況で、NC BOX 75内で、2階建てになっている。エサと水を直接床に設置すると、餌箱にもみ殻が大量に入れられてしまい、エサとして使えなくなってしまうし、水も、もみ殻にしたって、すぐに中敷きがビタビタになってしまい使えなくる。
また、狭いので、うずらもゆっくりできないので、エサは2階に配置している。最初は気が付くか?心配だったが、好奇心が強いうずらが、最初に坂を上り始め、設置数時間ですべてのうずらが、エサを食べるようになった。

餌箱は、蓋が柔らかいタッパーウェアに穴を開けて、足を突っ込んでも、エサが外に出ないようにしている。
この状態でも3週間目を過ぎると、4日で1Kgの「バーディーひよこフード」を食べきってしまうので、30%ぐらい米糠をいれてエサを増量している。

キジがちかくまでやってくるようになった

普段は窓際で飼育しているが、天気の良い、午前中はケースごと縁側に出して日光浴させているが、窓際に置いている状態でも、窓にカラスが2回ほど激突している。気が付いたのが2回なので実際にはもっと多いのかもしれない。
カラスが窓に激突すると、かなり大きな音がするので、人間でもびっくりするので、うずら達にすれば、ショック死するほどの衝撃かもしれない。カラスは結構頭が良いので、そのうち窓越しには食えないことを理解してくれるだろう。
また、縁側にだしていると、普段は畑ではたまに見かける、キジが縁側まで近づいてくる、あまりうずらは気にしないようだが、キジが鳴くと、「ケンケン バタバタバタ」(なぜか鳴いた後に羽ばたく)と結構うるさいのであった。

野良猫もいるし、夜になればハクビシンもでるので、これから作る、野外のうずら小屋をどう作るか?考える必要があると思う。その他は鹿とイノシシだな・・・畑には来ないでほしいものだ。

2021年4月10日 | カテゴリー : DIY, うずら | 投稿者 : medemy