TPA3116 続き

TPA3116 2.1
完成した TPA3116 2.1ch の アンプ

 もう、ここまでで止めておこう、コイルに巻いた白いシールは、「3M ハイパーソフト放熱シート」である。
 コイルの発熱が気になるので、どうにかならないか?と貼り付けてみた、効果のほどは定かでない、TPA3116の放熱板より熱くなり触れなくなる程
 
 スピーカー出力端子のRとL逆になっていたので、配線をクロスして対応した。そしてどこへ行ったか判らない付属のツマミの代わりに手持ちの安物を付けた。
 
 なぜ、TDA7498に比べTPA3116の音が悪いのか?、ぱっと聞いて判るのは、高音のこもり、抜けが悪くさらに、低音の歪(と言うか汚い音)が出やすい。

BT Audio アダプタ

アマゾンで1700円ぐらいで売られている品、いつどこで買ったか忘れてしまったが、コイツが、低音の音の悪さの原因で低音が強く出すぎて、歪ぎみであった
Bluetooth の 音ってそんなに悪いのか??、アマゾンでレビューも見ても Bluetoothはイマイチって評価ばかり、Aliexpressで新しい機種を2種類ほど買って見ることにする
USB Audio

以前アマゾンで1000円ぐらいで買った、USBオーディオのアダプタ、マイクを繋ぐときに使ったもの、これから音を取ったら、低音の濁りが一発で消えた!
気になるので、FX-AUDIO- FX-01J TYPE-B (アマゾンで2880円 TYPE-A 3380円も注文しているので楽しみ)も買って、使っているがあきらかに、1000円の物よりは良いと感じる!
MUSES 8920

定番のOP AMPの変更、このボードは、サブウーハー出力があるので、オペアンプが乗っているんですよね~~元はNE5532Pの本物?が付いていました。
選んだのは MUSES 8920D (秋月電子で480円/個 高いなぁ)、このくらいの買わないと違いが判らないだろうと思い購入しましたが・・・
交換後、びっくりするくらい本当に変わった!!、高音のこもり、高音が抜けない!の症状が一気に解決
しかし、良い事ばかりではなかった、出力段のローパスフィルタに使われているコイルの発熱がすごい!
いままでに無かった反応!ユニティゲイン周波数は共に10MHzなので、違いは無いはず(無かったら音が変わらないか!)なのだが、カットされる電力が大きいため、コイルが発熱するのだろう。
 もともと、発熱気味のコイルが触れなくなるくらい発熱します。TPA3116の発熱量は変わりません。
 ともかく、びっくりするほど変わりました。
 WEBで調べていると、このコイルの巻き数を変更している方がいらっしゃったので、発熱がひどいようだったら、巻き数を変えてみるのも手かもしれません。
cheep MP3 Player

以前使っていた、MP3 プレーヤが見つかったので付けてみましたが、元々 こいつも音が悪い、3個も出てきたけど、使い道無いなぁ
QN8035

気になっていたFM回路、ICはQN8035でした、回路を追ってもちゃんとしているような、なんでFM聞こえないんだろうか?
 
 TL074Cが付いている、TPA3116がアマゾンで、120W+120Wが935円、100Wモノラルが666円で売っていたのでこれも、ポチっとしてみた。
 ここまでしても、TDA7498のボードには追い付けない。
 
 いつも聞いているのは、アンプがTEACのA-H01、スピーカーが BOSEの111PYを天吊りでサブウーハーとして、YAMAHAのYST-FSW150を使っているが、テスト用のONKYO D-55EX や FOSTEX P804-S +中華アンプの方が音楽を聴いているって感じになれます。
 どちらかと言えば、111PYはPA(Public Address)用のスピーカーじゃないかと・・・そっち流れで、BEHRINGERのアンプとクロスオーバーとイコライザーもポチってみる。
 BEHRINGERのiNUKE NU1000DSPなんて、1000WでDSP内蔵で23000円だよ!コネクタがXLRとスピコンなんで、ケーブルも含め別途 費用かかるけどね・・・

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.2346 sec.
prev
2018.2
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28