Power LED ドライバ

Power LED ドライバ
Power LED ドライバ モジュールといっても 色々ある

 30V以下のドライバICだと、PT4115とCL6807が良く使われているようだ。
 Power LEDへ供給する電流を決めるのは、共に1Ω以下の抵抗であるが、この抵抗が中々てに入らず、困っていた。
 やっとAliexpressで見つけたが、とてつもなく高い!1個40円でしかも100個単位!つまり、1セット4000円だ!
 10種類買ったら4万円!!う~~む困った。
 しかし、1個120円ぐらいのLEDドライバモジュールで、こんな高い抵抗が2個も使われているのだろうか???すごく疑問である!
 ともかく、ある程度の種類の抵抗値が無いと、Power LEDへ思った電流を流す事ができない、Power LEDも、今までは1Wなら最大 350mA、3Wなら 700mA程度と相場が決まっていたが、最近はCOB球も増えて、350/700だけでは済まなくなってしまいました。
 そんな訳で色々な種類の抵抗がほしかったよ~~って事です。
無理やり抵抗

 以前はこんな感じで無理やり抵抗を付けていた!
PT4115

  DIM端子へ5VのPWM信号を、入れれば良いようだ、スレッシホールド(あ~~発音がぁ)は2.5Vあたり
PT4115 Power LED ドライバ

 簡単な計算方法は、Iout = 0.1/RS なので、上記写真では、300Ωの2段重ねなので、150Ωで出力電流は666mA、3W LEDが700~750mAなので、安全に3W LEDをドライブできる回路みたいだ。
 直流を入れるので、不要なダイオードはとっぱらってある。また1A近く流すと、コイルが発熱するので、コイルの放熱も考えなければならない。
実験回路

 LEDは10Wの物を使っている、まぁ実験なので光ればよいものなんで・・・
 電圧変換トランジスタは要らないが、直接つないで、ショートして、Arduino を壊したくないので付けている。
 LCDキーパットシールドを使って、キーのUPとダウンでLEDの明るさをコントロールしてみた。
オシロ画像

 D3からPWM出力を出しているので、490Hzの筈、オシロ上でも約2msで1サイクルになっているので、だいたい合っているようだ!
 オシロスコープは、以前買った USB オシロ DSO-2150 たしか、2万円ぐらいで、AliexpressかeBayで購入したと思う。60MHz帯域まで測れるので、私が使う分には申し分ない。
画像からもわかるようにちょっとノイジーなのが気になる点である。

 PWMの発生も以前はタイマICなんか使っていたのだが、Arduino(AVR)が使えるので簡単に値を変更で来て、便利だなぁと実感した。

— posted by Mediamix at 12:00 am  

抵抗・コンデンサー・TR・FET・DI計 その後

CR TR FET計
やっと完成しました、測定器!
 えーとですねぇ・・・とりあえず、Aliexpressの「Hong Kong century electronic - wholesaleLink 」との、メールのやり取りを数回行ったんですけど、まぁ親切な方でしたが・・・・
 
 MMSCC:動いている感じがしないのですが?
 HKCE:解決しますので、写真を送ってください。
 MMSCC:写真数枚と、HPにも写真を上げているので見てください。
 HKCE:あなたは、デベロッパーなので、質問にお答えできません! プログラムにはプロテクトがかかっています。
 MMSCC:・・・・・・f(--;
 
 HKCEってのは、「Hong Kong century electronic」の略です、MMSCCはMediamixの略?です。
 うちは、電子機器のデベロッパーじゃないし、と説明するのも面倒なので、ちょっと悩んでみる・・・と言うか寝てみる。
 起きてから回路と言うか半田ののり等をみても、問題なさそう。う~~ん、やっぱり、不良個所はみあたらないよなぁ
 再度電源投入して、ささっと電圧を測ってみても、問題なさそう。(ATmegaの裏側しか見えないので、この時点では裏向き)表に裏返すと、やっぱりLCDは反応が無い・・・・
 さて、このスイッチはなんなんだ?モード切替か??とカチカチ押していると、LCDに文字が出て消えた! なんか動いている!
 電源投入して、テストするパーツが付いていないと、あっという間に終了して、スタンバイになってしまうようで、最初から動いていたようです・・・はははは!
 でっかいコンデンサーでも付けていれば、直ぐにわかったんですけど、裏側にして電源ON、電圧測定して、よっこらしょとひっくり返すと、もうスタンバイへ移行状態で、動いている様には見えなかった!
ケース加工

 さて、ケースに収めてみると、ケース底のでっぱりが邪魔で収まらない!
 次に、スイッチを付ける穴が無い、LEDの穴も無い!
 電源はさて、どうするものか?電池で行くのかDC inの穴を開けるのか??
 測定端子はどうしようか?ターミナルを立てるのか??
 でっぱりが多いと、壊しやすいので、う~~~んどうしようか?と考え、ステレオプラグで測定端子を外へ3本出す事にしました。
本体

 穴あけが終わり、ケースに組むと、ケース右下の赤いボタンの高さが足りなくて押せない!既に10mmかさ上げ?しているのに、まだ足りない
 ターミナル端子から配線すると、配線部分がぶつかって、ケースに収まらないので、ターミナル撤去!
 LCDの高さが高すぎて、ケースに収まらない!、LCDをひっくり返して、ねじって止めている金具の爪を全て、内側へ折り返す
 さらに、ぶつかる部品TRとCを出来る限り寝かせる。
 この時点で、付属の金属製スペーサーは高さが合わなくなる!
 9Vのバッテリーは、交換するのに、ケースを開けて、ねじを4本外さなければならないので、外部電源だけにする。9Vの電池は高いしね・・・
 まぁ完成した訳であるが、Googleで「Transistor Tester Capacitor ESR Inductance Resistor Meter」検索するとYouTubeに、動画が投稿されており、丸ピンのソケットを使ったテスト端子を使っている!これって使いやすそうなので、さらに改良を加えてみた!
 ただし、バラバラといっぱいある抵抗を測るときは使いにくそうだ。
 
 はたして、これで動いている様で死んでいるFETなんかも判別できるのだろうか?
 
 最後に、「Hong Kong century electronic」へ動きましたの連絡を入れておくべきだろう。
TR 測定

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

抵抗・コンデンサー・TR・FET・DI計

Tester
Aliexpress で 買った 計測器

 「DIY KIT 2014 New Transistor Tester Capacitor ESR Inductance Resistor Meter NPN PNP Mosfet with BOX」だそうで、価格は$20.89、つまり約2549円
 このショップで、周波数カウンターとファンクションジェネレーターも買った、全部合わせて13,377円ぐらいであった。
 全てケースに入っていない、半完成品、このテスターはさらに、部品も半田付けされていない物!ただし、ケースは付いている!
 
 買うときは気にしなかったが、KITだとは思ってもみなかった!しかし、今見ると、よくあるのはLCメーターだが、なんでL(コイル)の測定が出来ないんだろうか??

キット全貌

 結構部品は良い物を使っている、抵抗は全て誤差1%の物!、CPUはAVR ATmega328P でクロックは8MHzで、内部では無く外部から供給!
基盤

 マニュアルも何もついていない!
 シルク印刷がしっかりしているので、まぁマニュアルがなくてもOKかな?
作製途中

 部品を付けて行くと、緑丸の部分2個の部品が不足している、0.1と0.01μFだ!7550と言うレギュレターICについている0.1なんで、なんでも良いが、よく解らない、左側の○は・・・・まぁ手持ちが0.1がしかないので、まぁイイかって感じ。
 最初の写真を見て貰えばわかるが、ケースをある程度加工しなければならないのと、テスト用の端子を差し込む部品が無い。
 9Vの電池で使えるが、DCの入力端子はあるが、ケースには穴が無い。
 ケース付属のボタンがあるが、これは使わないようだ・・・
 で、とりあえず、組み込んで、電源ラインだけ確認して、さっそくパワーON!
 
 
 動く気配が無い!こんな簡単な回路なのに!!
 液晶に何も(ゴミも)でないので、こんな簡単な回路でそんな馬鹿な!!
 30分ほど悩んで、最初に CPU ATmega328P を差し込んだ時に、一度もソケットに挿したことが無い新品!あぁきっとゼロプレッシャーソケットで書き込みを行っている!んだ。と納得していたが、もしかしたら、書き込まれていない?のではないか??
 いつも、Arduino IDEしか使っていないので、Atmel Studio 6.2の使い方がよく解らないが、どうにかATmega328P中身を読みだすと!!
 やっぱり、中身空っぽだった!さっそく、Shopに苦情のメールをしたが、はたしてどうなることか・・・・
 
と言うわけで、第2弾へ続く!

 

— posted by Mediamix at 12:00 pm  

 

Sony Cyber-shot WX30 WX200 QX10

QX10
お蔵入りとなっていた、QX10を使ってみる
 お蔵入りと言えば、Go Pro HERO3も飾り物となっているうちに、GO PRO HERO 4が発売される始末!
 HERO 4高いですね・・・何者だ!と言うほど高い、冗談抜きで安物のミラーレス一眼レフより高い!
 
 右図の中華製の偽物(Go Proとは書いてないが、Go Proのアクセサリが使える)が9千円ぐらいで販売されている、一般的なアクセサリーのフルセットで、HERO 3より写りが良い!などとして売っている。まぁ前面の液晶パネルが無いんだが・・・・背面に液晶がある。
 Go Proは値段を安くして大量に売るより、高くして1台当たりの利益を上げる道を選んだのか??
SJ4000

WX30

 話は前後してしまったが、最初はWX30でマクロ撮影をしていた、WX30はタッチパネルなので、フォーカスが取りやすいのだが、パソコンにデータを渡すには、雲台から外さなければならなく面倒! USBで接続してファイル転送もできるが・・・
 では、WX200をと!、WX200はWIFI接続があるので、WIFI経由で写真をパソコンへ転送できるので、かなり楽だが、困った事にこいつは、タッチスクリーンでは無くど真ん中にフォーカスが来ないこともある。
 あぁそういえば、QX10があったなぁ・・・全く使ってないし!
 QX10の良い点は・・・・今回の状況での良い点が思い浮かばない!しいて言えば軽い??
 実際に取り付けてみると、発色が自然であった!私が持っているコンデジでは、一番新しいカメラだからなのか?
 NFCでスマホと接続して、スマホからコントロールする訳だが、スマホ側で、スクリーンにタッチして、フォーカスを指定できたり、シャッターを切ったりできるので、ぶれる事(もともと明るいのでシャッター速度が速くぶれることは無いが)はまずない。
 それから、写真を撮影すると勝手にクラウドへアップロードされパソコンから確認できる。まぁこれはスマホの機能だが。
 使っていない機材の使い道が出来てうれしい。
 ともに掲載した写真では、被写体から離れているが、撮影の為離したのであって、実際の撮影では、被写体から15cmぐらいのマクロ撮影となる。

— posted by Mediamix at 12:00 am  

中国製 Arduino 各種 追加1

Arduino Nano
Arduino Nano も 買ってみた (と言うか届くのが遅かった)
Arduino Nano 3.0

 初めて買ったNanoである。価格は$9.27で、約1131円でUSBケーブルが付属する、最初の写真の Nano用のエクステンションボードは2個で$9.63なので、1個あたり、約587円となる。
 なんか高いねぇ、大きさ優先で、Nano 本体だけで買っても、Pro Miniの倍以上、まぁPro MiniにUSBインターフェースはついていないが・・・というか、Unoより高い
 エクステンションボードと組み合わせれば、開発は楽だが、Unoで開発しようが、Pro Miniで開発しようが、それほど違いがない。
 汎用性で、Unoに負けて、大きさでPro Miniに負け、価格ですべてに負けると言う負けっぷり!
 ところで、撮影は、SonyのCyber-shot QX10で行った。
 QX10で撮った感じでは、青色へのシフトが少なくかなり自然な感じである。

— posted by Mediamix at 12:00 am  

中国製 Arduino 各種

DSC01760
Aliexpress からかった、UNOとPRO miniもどき
 もう、日本ではコンシューマー向けの製品や部品は何も作ってないのか??と思うほど、日本国内の産業は敗退した。
 何か、部品を買う場合、Aliexpress(中国?場合によってはベトナムなんて事もある)で買った方が新しい製品や価格の安い物が手に入る。
 しかも、本物?も中国で作っているので、本物?の横流し品なども手に入る。
 
 話を戻して、今回買ったのは、Arduinoだ!
 値段と比較してクオリティはどうなのか?と言う事で、気になっていたPRO miniと、本家のUNOを買ってみた。
UNO 表面

 UNO R3である、USBケーブル付きで、$7.91(為替120円+カード手数料入れて、約965円)だ!
 基盤の実装は部品の実装は、スイッチサイエンスと全く同じである。
 ピンソケットの側面にピンアサインの印刷は無い(あるのが珍しいけどね)
UNO 裏面

 裏面は、以前のスイッチサイエンス製品と同じ全面白色、2014年08月頃に購入したUNOは、半分が白残りが、青となっている。
 全体的に、出来が良い。
PRO Mini A 表

 Atmega328P 5V/16M Pro Mini Board Module Improved Bricks 5V 16M For Arduino
 と書かれていた、価格は約309円! この値段で出来るのか!!
 AVR ISPのコネクタも配置されている!
PRO Mini A 裏

 DTR/TXD/RXD・・・の印刷と、A5/A7の印刷が反転しているのは如何に??そういう物なのか??
 拡大してみてもきれいだが・・・
 下にピンを出してしまうと、ピンのアサインがソケットで隠れてしまう!もしやこれは、上にピンを出すものなのか??
PRO Mini B 表面

 For Arduino Nano CompatiblePro Mini Atmega 328 5V 16MHz Improved Version Replace
 と書かれていた、一般的なPRO Mini、価格はなぜか高くなって352円!となる。
 Deek-Robot製の偽物だから高くなるのか??
PRO Mini B 裏

 裏のシルク印刷もしっかりしている。
 45円の差はなんなんだろうか?これだったら、309円で、AVR ISPのコネクタが付いている方が、お得だと思う!
プログラム書き込み

 ともに、Arduino IDEのBLINKの様なプログラムが書かれていおり、電源を与えるとLEDがチカチカする。
 秋月電子のFT232RL USBシリアル変換モジュールキットを介して、パソコンにつないで、Arduino IDEでプログラムを書き込むことができた。
ケース

 ついでに買った、GPET素材を使ったArduino のケース。約610円
 かなり良く出来ている!USBのコネクタの部分と電源端子の部分が、切欠きされていて、高さが低く抑えられており、シールドを低くさす事ができる。
 以前、Amazonで買ったケースは、高さが高くシールドを付けると、端子が浮いてしまっていた。
 しかし、LEDキーパットシールのように、シールド下に端子が大きく出ている物は、ケースにぶつかって、ぴったりと取付できない、まぁ以前のケースに比べればかなり改善されているので、シールド側の問題である。
 価格は、$5で、約610円、ちょっと高いね!
 全て、5セットづつ購入した、いっしょに色々なセンサーも買ってみたが、まだ試していない状態である。
 
 話は変わって、写真撮影は、全て先日作成した、マクロ用の照明を使った。SONYのコンデジ特有の全体的に青色が強く出るので、色補正を行っている。私が使っている PAINT SHOP PROでは、ホワイトバランスの修正と言うのが無く、[調整][色][RGBカラー]で青をマイナスしている。
 まぁ使いたい機能は実現できたのでうれしい。


— posted by Mediamix at 12:00 am  

接写用ライト

Macro Ring Lighting
接写用のライトが欲しい!

 アリエクスプレスで、35~200ドルぐらいで、色々と販売されている、一番昔に見たのは、1年ぐらい前に、洋ドラのCSIで使っていた。

 もんだいは、ちょっとした物を撮影するのに、わざわざ一眼レフを使わなければならないのか??って事。コンデジでは使えないのが痛い。
 コンデジで使えるようにすると、一眼では使えないだろう・・・
 両方で使うとなると・・・・取り付け位置は、カメラを囲むようにLEDを取り付けて、カメラとの接続は雲台で取り付ける??
 丸型は難しいから、角型に・・・、使えるLEDは、車用で使うと熱で壊れるLEDがあった。

LED DPD-14015-0415

 車用のLED照明をばらした所、中には、DPD-14015-0415と言う60 LEDのCOB(なのか?)球だ! 4.8Wと歌っている。
 実際12Vで流れる電流は、たったの0.183Aで2.2Wだけ・・・
 こいつは、14Vぐらい流すと、4.8Wになるようだ!
外枠

 このLEDが付く外枠を作ってみた。
 LEDの長さが140mmあるし、コンデジだけでなく、コンパクト一眼レフを付けるとなりと、このくらいのサイズになる。
 強度も2mmのアルミでL字型でなんて、考えて作ったらかなり、がっしりしたものになってしまった・・・
ATtiny13A

 小さく作りたいので、AVR用の電源は、ツェナーダイオードで作っている、部品点数はたったこんだけで、PWMの調光回路が出来上がる!
 書き込みは、Arduino ISPで、開発はArduino IDEで無理やり開発、数行のプログラムで962バイトでギリギリだ!
普段使い

 普段使っていない時は、普通の照明器具として使っている。
 調光可能だし、アームについているので、使いやすい。
12Vでもフルパワーでの直視は危険?だし、14Vでフルパワーだと本当に眩しい!
 さて、撮影をするとどうなるか! それは、次回のお楽しみだ!
 
 ちょっと使ってみた感じでは、画像の出し入れの事を考えると、WIFI対応のデジカメを使ったほうがらくそうだし、今使っている、DSC-WX30より、DSC-WX200の方が使いやすいだろう。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

マイコン 開発ボード

開発ボード
必用な入出力を1つのボードに組んでみた
 ほとんどの場合、LCD Keypad Shieldがあれば、デバックが出来るが、LCDは表示が遅いので反応が速い物は、LEDか電圧スピーカー(ブザー)で確認した方が解りやすい。
 LCD Keypad Shieldは、利用するピンが、アナログ1個にデジタル7個(内1個は、LCDのバックライトのON/OFF)とピン数を食うし、スイッチのON/OFFにスイッチシールドを付けたり、PIN13以外のLED出力が必要な場合など、さらにArduinoから配線をしなければならない。
 もう、面倒なので自分用の開発ボードを1個組むことした。
Test_board

 電源ラインは3.3Vと5Vの両方が使える
 解放でONとOFFの2つのスイッチ
 I2C接続のLCD
(今考えたらI2Cの出力ピンを出すのを忘れている!)
 アナログ入力のスイッチ5個
 トランジスタによるLED4個(3.3V時にFET駆動用の電圧変換)
 トランジスタによる電圧スピーカー
 予定・FETによるスイッチ4個
 
 下の空いているところはまだ、考えていない。
 基盤が、中国製~~~って雰囲気ですねぇ・・・私が使っているセンサーやシールド系は、ほとんどAliexpressで買っているから、基盤もついでに買った物だと思う。
 LEDがやたらデカいのは、7mmのLED球を中国から500個単位で買ったが、使い道が無くなったので、3mm,5mmより優先して使うようにしている。 
 表題に使っているAVRマイコンボードは、秋月電子の「ATMEGA168/328用マイコンボード(I/Oボード)」150円に、ATmega328P-PUまとめ買い230円を載せたもので、必要な部品しかついていない。
 結構良い値段する、Arduino Unoを壊したくないからだ!




 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

後方 EagleEyeの設置

ATmega328
フィットシャトルの後方にEagleEYEを付ける

今まで、LEDテープ・・・焼ける、シングルEagleEye・・・やっぱり焼ける・・・と今回で3回目です。
つまり、3度目のリアバンパーの取り外しになります。
原因は、放熱効果が無いバンパーへ、LEDを付けていたら、熱で壊れた!って事です。そんな訳で今回は放熱についても考えてみます。
 
 実際にどのくらいの熱を持つのか、生でEagleEYEに13V流してみると、30秒ぐらいで、あっさり赤の球が切れた!
 フィットシャトルで、何回か電圧を測っているが、13Vを超えた事がないので、13Vで計測したが、30秒で切れるとは、予想外でした。
 硬い放熱器を付ける事はできないので、アルミ缶を加工して取り付ける事に、最初はキャップだけで・・・と考えてみましたが、数分点灯していると、キャップだけでは、放熱しきれないことが解り、缶の底の部分や、胴体を利用して放熱しました。

EAGLE EYE

EagleEyeとはこんなもの、アルミのキャップではダメでした。
ケースに入れたところ

ケースは、また100円ショップでクリップが入っていたケース
バンパー外す用意

台(タイヤの下のオレンジ色の部分)?が有ると、楽です。
外した所

あらよ!っとバンパーを外す、バンパーの爪が1個破損・・・寒いから?古いから?下手だから?
取付

ちゃちゃっと取付!配線は綺麗に
放熱処理

アルミの放熱版の状態
 せっかく車検対応スイッチを付けたのに、リフレクタも点灯するように、していたのを忘れた!
 車検までにちょっと回路を追加して、車検対応スイッチでリフレクタも制御できるようにしなければならない!
 出力は、3回路で、青・白・赤のEagleEyeを制御、もう1つ基板上にLEDがあるのは、ブレーキを踏みながら、ポジションを入れた時には、アドバンスモード(MODE 3)へ突入可能な状態に入っている事の確認用、べつにボードは車内の見えない所(右後方のテールランプのあたり)に入れるので、LEDを取り付ける必要は無いが、作成時の動作確認に必要だった。
 
 出来上がりは、まぁまぁ、もっと派手に光らせたかったが、MODE 3の状態で走行したら、かならずパトカーの目を惹いてしまう!
30秒以上ブレーキが踏まれなかったら、ブレーキを踏んだ時、赤を点滅させて、ブレーキに視認性を上げている、60秒ブレーキが踏まれなかったら、MODE 2に移行し、90秒でアドバンスドモード突入可能時は、MODE 3へ移行する。と言うプログラムを組んでいる。
 タイマー割り込みを使って、あるいていどプログラムを書くので、プログラムFLASH容量の多いATmega328P-PUを使用した、アセンブラやCで直接記述するのなら、ATtiny2313で十分であったはず。
 

Firefox では、「Microsoft Windows Media Player Firefox Plugin」が必要です。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ELサインボード

ELサインボード
ELワイヤーを使ったサインボードを作ってみた。
 最近はやり?のELワイヤーを使ったサインボードを作ってみた。AVRも使ってみたかったのもある。
 Arduino unoと言いながら、AVRの ATtiny2313 を使っている。価格が殆ど変らない、ATmega328でも良いのだが、ピン数が少ない、ATtiny2313の方が、配線が楽なのと、ATtiny2313でArduino IDEを使ってみたかった。
 ソフトウェアの書き込みは、どこからかHardware.zipを拾ってきて、Arduino IDEがインストールされているフォルダのHardwareフォルダの中へ展開するだけ。
 これで、ATtiny2313がArduino IDEで使えるようになる。実際に使うには、 Arduino IDEのメニュー[ツール]–>[ブートローダを書込む]を選択書き込みが成功すればOKの筈。
 たいしたことしてないのだから、アセンブラで書け!とか言われそうだが、ヒューズビットとか、よく解らないので、Arduino IDEでチョチョイと書いてみた。
全体像

ケースに入れる前の状態、ケースは100円ショップの小物入れ。
AVR基盤

ATtiny2313の出力をFETのSW回路を用いて、LEDやELのドライバを制御
組み立て

ケースを探してから、作ったのでぴったり収まる
完成

ケースに組み込んで、アクリル板を取り付けて完成!
 部品代、700円配線材を入れても1000円以下で、マイコンが使える!夢の様だ!

Firefox では、「Microsoft Windows Media Player Firefox Plugin」が必要です。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0470 sec.
prev
2015.1
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31